複合機

コピー機やリサイクルトナーの活用術│優秀OA機器発見隊

レンタルだから便利

コピー機はいつも使います

私はコピー機の販売とリースを担当していた会社員です。今は違う業界に勤めていますが、コピー機、特にリースに関してはそれなりの知識があります。 コピー機というのは結構高額なもので100万円ほどが新しい機種ではざらにあります。ローンで買うということも選択肢のうちですが、返済まで数年かかってしまい、もしその途中で故障したりするとその代金はもちろん払わなければなりません。使っているうちに新しいコピー機が出て型落ちになり、せっかく大金を出して購入したコピー機の価値もどんどん下がってしまいます。そのときに考えたいのがリースというものです。簡単に言うとレンタルですが、使用者にとってとても有利な条件になっています。

リースがお得だと思います

コピー機のリースというのはよく行われている事で、解説していきます。 月に大体1−2万円の料金を支払い借りるのですがメンテナンス費や紙の代金、修理費用などは全部無料です。新品を購入するとこの料金は自分ではらわなければならないので、とてもお得です。通常メンテナンス費も数万円しますし、修理代金となるともっとかかります。また故障したときにでもリースの場合だと新しいものが交換できたりするので、業務に支障が無いというのがとても良いところだと思います。 リースの期間がおわればまた新しい機種を使うことができるので、常に低価格で最新機種を使うことができるというのは強みだとおもいます。 それなりの規模の会社でも、リースというのは良く行われていました。